クラスTシャツ、プリントのやり方が違えば味わいも違う

シルクスクリーンプリントのメリット・デメリット

2018年07月23日 14時48分

メリット
  • 色のチョイスが多い(調合により色を調整することができる)
  • 版を作るので、刷るTシャツの数が多ければ多いほど、1枚当たりの値段が安くなる
  • 版を作るので、同じデザインで色違いをかんたんに作れる
  • プリントの耐久性
 
デメリット
  • 色ごとに版を作る必要があるので、版の数が増えれば増えるほど版代が多くかかる
  • 刷る枚数が少ないと割高
  • グラデーションなどの微妙な色表現はできない
  • クオリティーに若干ムラ
 

フルカラー転写

フルカラー転写は、プリンターを使って専用シートに版を印刷し、そのシートをTシャツ本体に圧着させるプリント方法です。フルカラープリンターを使用するため発色が良く、微妙な色表現に優れています。カラー写真をそのままTシャツにプリントしてしまうことも可能です。
 
メリット
  • フルカラーで微妙な色表現にも優れる
  • 細かいデザインを表現可能
 
デメリット
  • デザインの周囲に縁取りができてしまう
  • プリントが少々分厚くなるため、シャツ自体がごわつき気味になる
  • あじわいに欠ける
 

インクジェットプリント

インクジェットプリントは、Tシャツボディーに直接インクを吹き付けてプリントする方法です。画像データをプリントアウトするような手軽さが魅力です。版を作る必要も無く、フルカラーでの表現ができます。
 
メリット
  • 版を作る必要が無いため、少ない枚数でも1枚当たりの値段は他のプリント方法よりも安い
  • 転写のようにプリント部分がごわつかない
  • 微妙な色表現ができる
 
デメリット
  • ボディー生地により、色の影響を受けやすい
  • ポリエステルには使えない
  • 画像データをそのままプリントアウトするため、画質が低いと質の高いプリントができない
 

カッティング

着色シートをデザインの形に切り出して、Tシャツのボディーに貼り付けていく方法です。プリントという感じではないかもしれませんが、クラスTシャツでも背番号などのプリントは、カッティングシートを使って行われます。版を作る必要が無いので、個別の名前やメッセージを入れたいクラスTシャツには最適です。
 
メリット
  • シートを切り出すだけなので版を作る必要が無い
 
デメリット
  • シートの色が限られる
  • 単色のみ
  • プレスで圧着させるため、そのプレス跡が残る

関連ページ